ダイエットをする時にはランニングマシンなどの有酸素運動を使用したトレーニングをするという方も多いのではないでしょうか。しかし、中にはランニングマシンを使用してもなかなか痩せることができない人もいるでしょう。こういった人のためにもここではランニングマシンを使用したダイエットのコツについて紹介します。

まず1つ目のコツは20分以上にこだわらないことです。ダイエットには脂肪の燃焼が大切になりますが、有酸素運動の場合は20分以上行わないと脂肪の燃焼が始まりません。しかし、20分というのは意外と辛い時間です。特にトレーニングをしたことがあまりないという人は20分という時間に耐えられなくて途中で挫折をしてしまう人もいます。挫折をすると全く痩せることができなくなるので、20分の時間は大切ですが、続けるためにもまずは時間にこだわらずに徐々に始めるようにするといいでしょう。

続いて2つ目のコツは手すりをなるべく使用しないことです。ランニングマシンには手すりが付いていることも多いですが、基本的に走っている時には利用しない方がいいと言われています。利用してしまうと上半身の刺激がなくなってしまいます。効果的にダイエットを成功させるためにもしっかりと腕を振って全体的に刺激を与えるようにするといいでしょう。